ころのおうち

2007年01月02日気が向いた事をきまぐれに。

12 ≪ 12|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|1617|18|1920|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|≫ 02

SEARCH

管理者

最近の記事

過去の記事

コメント

トラックバック

メニュー

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】|

りるくん

riruhirune.jpg
うつうつとしてるのもなんなので、
在りし日のうちのコです。
暑い日だったんですが、ほんとによく寝てました。
スポンサーサイト
【2007/01/02 21:53】| トラックバック(0)| コメント(0)

戌年

年も変わったので改めて昨年が(言葉とかで)どんな意味を持つ年なのか
ググって見た

2006年
平成18年
干支:丙戌(ひのえ いぬ)
皇紀:2666年
「戌」は「滅」(めつ:「ほろぶ」の意味)で、草木が枯れる状態を表しているとされる。

丙戌(ひのえいぬ、へいじゅつ)は、干支の一つ。
干支の組み合わせの23番目で、前は乙酉、次は丁亥である。
陰陽五行では、十干の丙は陽の火、十二支の戌は陽の土で、相生(火生土)である。
(Wikipediaより)


「戌」は会意文字です。
もとは刃物で作物を刈り、ひとまとめに締めくくる様子、つまり収穫することを意味する漢字でした。
(All Aboutより)


昨年中は上記のことまったくしらないでいたんで
連れと『今年はなんでこんなに収穫してるんだろう』
って会話してたんですけど、今更納得。

丙は人が恐れるほどの勢いがあるという
(雑草が萌えるように)
戌は陽である在るが負でもある。
(収穫は実でもあるが死が対価でもある)
萌えだした勢いのあるモノを収穫していく
転じて
…出だした杭は話題を残してつぶされる(なくなる)。
みたいなそんな年でした。

…なんてのは戯れ言ですね。話半分で読んでください。
【2007/01/02 01:16】| トラックバック(0)| コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。