ころのおうち

責任者

07 ≪ 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|≫ 09

SEARCH

管理者

最近の記事

過去の記事

コメント

トラックバック

メニュー

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】|

責任者

avexの大騒ぎ(途中)
(完成されてない文章を公開するということは、糞とか嘔吐物を公開してるのと一緒だと、
物書きの師匠に近い先輩には言われていますが、あえてその汚物状態の未完成のまま、
公開します。)

現在「へた」しか売ってないaには、自分は同情を禁じえません。(容認応戦していると言う意味ではなし)

今回の問題が「オリジナル」という言葉が発端であり、また収集がつかない、その元凶となっていることに気がつけないでいるaの判断力が、なんともなさけない。
(感性、感受性が重要視される筈である業種の、それもトップと数えられていた企業であるにもかかわらずなぜ、それがわからないのかと。<過剰な期待なのかもしれないのだが)

前置きとして、
話はずれるが、自分は、もともと、オリジナル作品も手がけるが、二次創作もやり、
依頼により依頼にそった作品も作るという事をしてきているものであるから、
(厳密な意味で)二次創作物にも著作権は発生するものだと考えている。
ゆえに著作権は、言及しないという、元々はそういうスタンスの人間である。
(既に過去エントリーで著作権の概念を引用して一般的な見解は記しているので、
著作権そのものについて見解は割愛。)

まず現実面から
第一に「独創性」という観点からいって、あまりにもそれが少ないデザインの意匠を
「オリジナル」=独自のものと断言し公言てしまった所が問題である。
もちろん独創性がゼロとは言わない。
個人の見解としては著作と、独自性というものは別ものであり、
同一として扱う事がそもそも間違っている。
著作物はすべてオリジナル(以外のものと全く異なるもの)である。という意見は
何と傲慢なものであろうか。
とはいってもこれは、あくまでも個人の見解であるので、異論は当然あり、
また平行線となる事は十分に推察は出来るがが、存在する事は容認しているし
この場で論議をする気はない。

例えば、他社の会社や商品のイメージキャラクタ-を見てもわかるとおり、
対象キャラが完全オリジナルであるものは少ない。
それでも消費者から異論がでないのはなぜなのか、
もちろん、キャラターによっては、相当となる対価を著作者に
支払っているというのもある訳だが、
基本は
「オリジナルを主張していない」からではないか?
あくまで推測であるが(検証材料を提示できないので)
本題とずれるので割愛

さて、今回問題になっているイメージキャラクターだが、
今回の問題において、aは指摘されているキャラとまったく同じキャラを商標申請した訳ではない。
また「リスペクトされて(影響をうけて)制作したものである。」という主張も
まったくみとめられない訳ではない。
だが、「オリジナル」と宣言してしまうのは、あの状況では失策だしか無かった。
発言を受けたものから、
「影響を受けて作ったのもがどうしてオリジナルなのか?」
という追求が出るのは、ある意味当然だろう。

そしてまた、aは自らが宣言した「オリジナル」という言葉のせいで、
a社は自社が発表し、認定したキャラと、
同じであると言われているものを比較、その差異を探し、
その差異の部分を独自であると提出、
納得してもらわなければならない事態に陥ってしまった。
がその事態にかがつくのが後れた。
故に、検証に関しても、対応が後れたせいで、反論者の検証を追う形になってしまう、(つまり差異の部分検証は先にされて、逆に確認を求められている状態)
結果としてaは認定した筈のキャラの一部を否定するという、
自己矛盾を発生させてしまった。
ここまでは経過である、

では、なぜこのような事態になっているのか、を考えてみよう。

その原因の一端はターゲットとされたユーザー傾向にあると思われる。

音楽に合わせて動くイラストキャラクター。
興味引かれ、占有、購買意欲を持つのはどんなユーザーだろうか。

自分の状況を例にああげてみる、
自分jがはじめてこの動画と触れたきっかけは、
ランダムに巡っていたネットサーフィン中であった。
女性の方が書かれたブログのエントリーにおかれていた
GIFアニメが問題となる作品の切片だだった。
前足で床を叩くネコ画像、「かわいい」と思った自分は
紹介先の作者のサイトをのぞいく事にする。
そこに問題のもととなるフラッシュはおかれていた。
軽快な音楽に踊る、みじかいドラマをみせる2chキャラ。
ここでやっと2chでの人気を自分は知った。
そして、サイト管理者,つまり作者はプロフィールでこそ
性別不明と自己紹介されてはいたが、サイトのコンテンツの内容を確認すれば、
女性の制作下サイトである事は用意に推察がつくものだった。

作成者が女性であり、その趣味の感性で作られた作品であれば、普通
そのターゲットは普通、自分の投射となる。つまり同年代の女性である。
また楽曲を演じているアーティストも、日々知るが
いわゆるイケメンの男性3人のユニットである。
この手のアーティストに一番受けがいいのは若い女性であろう。
(略)


また、広報の足りない言葉を補うつもりだったであろう、
社長の発言は蛇足でしか無いものが多く、
沈静化の足を自ら引っ張っているかのような状態だ。
(普通こういう事態では社長は黙って、担当責任者がやるものだのだが)
おかげで会社そのものの企業倫理の評価さえ落ちていっている。

汚い言葉で言うと、
馬鹿がナンバーワンでもナンバーツー以下ブレインが切れ者なら
その組織はきっちり回る。

しかしほんとに責任者(管理職の立場の人)の顔が見えない騒動だよね。
(最終責任者は取り締まり役なんだから、社長の責任、
責任者は社長っていってしまってもいい訳だけども。)
営業判断と戦略を組んだのは社長じゃないはずだと思うんだけど、
もしも、すべてが社長の直接指示で動く会社だと言うのなら、
それはそれで,この騒動とは関係なくっ別の大きな問題だとは思うが。

(*草稿状態なんでまとまっていません)

少数の反対者という意見もある、そして統計上確かにそのとおりであろう。
だか、女性人口のすくないとおもわれるネット世界
そしてそのなかでもさらに低いとおもわれている2chの呼びかけで行われた
ちらし配布のオフの半数が女性だだと言う事が、
どういう意味を持つのか、すこし考えてもらいたい。
そしてその女性の発案でつくられたティッシュイラストのグラフィックには
かならず携帯バーコードが添えられている。

いま、通信ネットワークでインフレを起こしてはじめているのは
一般ブラウザを搭載した携帯ブラウザ環境である。
通信記録はのこるが、携帯は固定のIPではなく、PC環境にくらべ、匿名性が高く、
危険となればその廃棄も容易くできるツールである。
そして、そういうツールを使う女性。

そして、女性は比較的男性より情緒を重んじた評価をする。
経済活動を起こす上において、これら女性のたわいない
井戸端会議を軽視してはいけないのではないか?

余談:
集団による共通財産の思考は、長い間、農耕民族を続けてきた間に
成立してきたものなのだから、払拭できないものではないかと思う。
さらに追考として、
女性は定住して子孫を育てるという性差上、
男性よりその気質が強く現れるものが多い事も、考慮に入れるべきかと思う。
また女性は生物学的に、子を作り育てていく生まれながらの制作者でもある。
生まれた子は母と父の両方の特徴を持った二次創作物であると同時に、父や母とはちがう
ユニーク(ただ一つ)の存在でもある。
自分が生んだ子を盗まれたら。……そのときの母の激昂は、過去に記されたいくつものおはなしを読めば伺い知る事も出来よう。

一つの結論として、女性創作者の感情を逆なで論議をするのは、危険です。
スポンサーサイト
【2005/10/11 06:06】| トラックバック(0)| コメント(0)
トラックバック  URL→http://korono.blog5.fc2.com/tb.php/209-c3c189d6
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

VBA富嶽百景
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。