ころのおうち

権利の侵害?

07 ≪ 1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|≫ 09

SEARCH

管理者

最近の記事

過去の記事

コメント

トラックバック

メニュー

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】|

権利の侵害?

無断リンクは著述物への権利の侵害だと言う人がいる
はたしてそうなのだろうか?

言及したい著作物等を見つけたときに
言及元へリンクをはること(無断リンク)に夜権利の侵害よりも、

著作者名も匿し。
内容を丸写しし。
リンクはしない。

上記のような行為の方が、
はるかに著作権の侵害になるのではないだろうか?
(その著作物の作者成り済ましや、
言及結果が著作者へフィ-ドバックされないという事象が起こる、
と言う観点において。)

そしてまた、リンクをされてない事で
リンクされていた時に比べ、
言及されたという事実が、者作者にしられる機会は激減する。
また、無責任に(意図しない形で)自分の著作が、
拡散されていく一つの要因足りうる。
そう考えると。

自分の書いた文章ほか著述に責任をもち、愛するのならば、
引用/転載された際は、
引用/転載した側に著作元へダイレクトにリンクしてもらう方が、
その生み出した責任者として、
より責任と権利の所在が明確に出来てよい。
と思うのだけれども。


自分は、ネットで公開されたものを引用した際は、
極力、引用元(原文)(出来なければ関連先)へのリンクを貼っています。

そういえば
<blockquote>
を引用タグだと知らない人もおおいんだよね
(装飾用のタグだと思ってる人もいる)

という訳で引用タグを使ってみる。

責任をもてない物は
汚物と一緒、
万人の目に触れさせる物じゃない。
垂れ流さないのは作者の倫理。
(意訳)

とは
(個人的にそう思ってる)文章書きの師匠の言葉。
引用と言っても同文(同様文)が、ネットのどこかにある訳ではないので
(ネットに載ってる文章を引用してる訳ではないので、
そして意味のみを自分の文体で再編集したものなので、)
出展者のみ明記。(個人情報保持のため名前も記していません。)
リンクもありません。
スポンサーサイト
【2006/10/28 11:20】| トラックバック(0)| コメント(2)
トラックバック  URL→http://korono.blog5.fc2.com/tb.php/377-52d58cb1
コメント
前回とネタが被る所もありますが、追従します。
あくまで個人的意見ですので、ことろさんと意見のソリが
合わなかったらごめんなさい。

「情報が開示されたなら誰かに取られても致し方ない」のはこの
ご時世(というかネットワークの仕様上)仕方が無いとは思います。
んで、うちは情報系サイトなので、情報が広がっていく事自体は
非常に有り難いです。「この曲はこの人だったのか!」と
伝わっていけば本望。その点ではもう「しめしめ」な訳です。
(↑作曲者さんの情報サイトです)

でも、こっちだって12~3年連載されている雑誌を買い続けたり、
「このCDのアレンジャー担当なんだって」という情報があったら
ダイビングキャッチをしてでも買いに行ったりして、なるべく
全ての情報が手に入るように、(低いなりの)アンテナを張って
チェックしてるので、無断リンクされると非常に悲しかったり
します。私の十余年の蓄積が5分であんたのものかい。がっくり。

丸写し対策として多少トラップを埋め込んでいたりするのですが、
ちょっと調べればバレる情報(や埋め込みタグ)でもそのまま使う
人がいるんですよね。口汚いですが、「ざまあみろ、
引っ掛かりやがった」と。でもそれで逆ギレされてもねえ。
「あれ? だってそれ「あなた」の情報でしょ?」うん? 違うの!?

ネタ元はうちだとしても、それを「自分のページで開示した」のは
あんたなんだよ。で、そういう人に限って、自分の丸パクリには
何も言わずに、その情報で間違った所があると、
「お前のせいだ!!」とか意味分からん。知らんがな。ざまあみろ。

「日本人の文化は「精神」の文化」って言葉をどこかで聞いたの
ですが、かなりお気に入りの一言だったりします。こういう問題は
インターネットの普及(というか過渡期)によるものか、はたまた
最近言われるモラルハザードか。

「言い逃れ」をしたいなら、ネタ元にリンク張っといた方が
楽でいいのに。よっぽどローリスクハイリターンですよ。
【2006/10/29 15:04】 URL | たとえ #Nuc7B5tA [ 編集]
コメント
ネットで何かを発信するのに際して
発生するリスクへは
発信側が対策するってのが必然だと
感じています。
(いろいろなネット事件を読んでいるとそうおもいます)
(ある意味すべてが平等であるウェブで誰かが守ってくれて当然は通じない)

無断リンクされると悲しいに対しては
気になった記事、他にも有効と思って自分とこでも記事を作り
そして引用先としてリンクしても
リンク元にはメールを送るなりしないと伝わらない、
ってことへの対応にTBっては開発されたんじゃないかな
っておもっているので、
(ある意味性善説に基づいてます)
blog以外での無断リンクとかは
(個人的は)リンクした方がめんどくさがりさんなんだな
程度に思う感じです。

blogつかって、リンクも素材使用もフリーにしてますけど
かなり警戒心強いので情報対策は目一杯してるんですよ。
(故に素材/画像は自作が基本)
自作使用の理由は考えが先に至る人はわかるとおもうけど
【2006/10/29 19:16】 URL | コとろ@れい #HYjkyH3s [ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

衝動?買い無限ループ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。